SEO対策

プロフィール

しへん

Author:しへん
Psalms こと しへんと言うド底辺を彷徨っている、ニコマスPです。
P名の由来は、詩編(The Book of Psalms)から取りました。

箱○購入を機にブログ始めたんですが、気長に見守ってください。

【ニコニコ動画】自作コラボPV
【Veoh】プロフール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:雑記
気がついたら既に担当アイドルが増えているから、最初の命題である、担当アイドルが増える経緯は説明終わった感は有る。

ここで終わってもいい気もするが、長介くんの扱いと、彼を取り込む真の目的を話していない。
なので今回はその辺りを

その前に、長介の年齢を決めておく。

公式では答えを出していない。
そのため一旦は小学6年と定義しておく。

中学だと部活とか始まるから考えるのが面倒になるためだ。
(この辺りは後からでも調整がつくので大きな問題ではない。単にイメージしやすくするためだけの処置である)

高槻家長男、長介くんを取り込む理由は前にも書いた通り、高槻家の動向を探るためである。

そのため、あまり長く拘束すると返って情報が集められない。
よって学校が終わってから、遅くとも19時が限界であると考えられる。
下の弟妹たちを返す必要もあるため、この辺りがやはり限界であろう。
そうなると平日使える時間は、2~3時間。
(やよいを基準にすれば22時まではかろうじて…)

また、小学生となると現場に連れて行くことは実質不可能である。
(休日ならば現場にも連れ出すけれど)

前にも書いた通り、事務作業を主体としてもらう方向になる。先ずはPCの扱いに慣れてもらう必要がある。

PCの使い方を教えている時、ピヨ助が別次元にトリップしていた気がしたので、その間にタイピング同人ソフトを没収の上、長介に開封の儀を執り行ってもらう。
長介には「ブラインドタッチできるほうがカッコイイだろ?」って説得。
ピヨ助の奴だと教育上よろしくないかもだが、温室育ちは良くないよね。しょうが無いよね。
(ついでにピヨ助のことは律子にも告口しておいた)

一通り、PCが使えるようになったら、やよいと伊織のマネージャー業についてもらう。
と言っても付き添いはできないので、スケジュール管理と連絡の窓口になってもらうだけだ。
(土日の日中なら付き添いにも付き合わせるが、伊織に負担になるので自分が行くときに一緒についてきてもらう)

ではなぜ伊織なのか?
それは長介を人間としてランクアップさせるためだ。

奴隷体質に調教とか、長介の恋心を利用するつもりは…少しだけある。

真面目な話、人を育てるという器量を持っている人材は、765プロアイドルの中では、伊織と雪歩しか居ないと思っている。

律子は確かにしっかりしているし、指導者向きだし、良い教師にはなる。そういう点では真も良い教師になる。美希や響き、高音は天性のもので、人に教えるには難しい。(響は教えるための技術を授ければ教師にクラスチェンジ可能)

春香は御輿で担がれる側のため、引っ張って行く力ややる気スイッチを入れることは出来ても、育てるまでに至らない。

あずささん、やよいは優しすぎるのがネックである。
(やよいの場合は、弟たちには厳しくいけるだろうが、お姉ちゃんだからであり、それ以上にはなれない。克服する課題ではあるため、伊織から学ばせる機会でもある)

千早亜美真美は説明の必要無いだろw
(お前らが指導される立場や! 人を育てるなんて10年早いわ! あ、現実世界ではもう10年経ったか、なら後10歳時取るまで無理だ!!)

雪歩は人一倍(要らない)苦労をしており、それを克服してきている。
何が足りなくて、どうすれば良いのかは、既に雪歩自身が歩いてきた道の途中にあるのだ。

さらに実家は何人ものお弟子さんが居るし、親の指導方法を見て育っている。
マジ雪歩すげぇ奴!
人見知りって欠点が無かったら完璧超人すぎる!
もっともその欠点が雪歩をポンコツにしているよういんなんだが…。

伊織はと言うと、前にネタ枠で書いた通り、人を見る目は一級品だ。
親しくなると口調がアレだが、無茶振りを言うのは甘える立場にある人に対してに限られる。他人からの無茶振りはできる限り応える根性も持っている。

我儘や無茶振りもできる範囲内でしか行わない。(Pに対しては傍若無人だが、他のアイドルにはそこまで酷くないぞ)
自分の意図を汲み、長介とともにやよいも一緒に育ててくれるのは、律子でもあずささんでもなく、伊織しか居ないのだ。

それに例えば外部の人間が、長介を子供だと馬鹿にした場合、長介を守るために、その人間に対し、真正面からぶつかって行くことが出来るのも伊織である。
そんな伊織ほど良い女がいるだろうか?

そんな伊織が自分のカードにあるんだぜ。
使用しない理由がない!

そんな伊織い育てられたら、長介も立派な下僕になるだろう!

あれ?

あれれ??

続きを読む »


スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 詩 雑言つづり all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。