SEO対策
FC2ブログ

プロフィール

しへん

Author:しへん
Psalms こと しへんと言うド底辺を彷徨っている、ニコマスPです。
P名の由来は、詩編(The Book of Psalms)から取りました。

箱○購入を機にブログ始めたんですが、気長に見守ってください。

【ニコニコ動画】自作コラボPV
【Veoh】プロフール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:雑記
担当アイドルも増え、長介も引き入れ成功したところで、ついにやよいの親父さんと対峙するためのシミュレーションを始める。

暴走した親父さんを諦めさせるにはどうすれば良いかを考えるわけだ。

親父さんの良心に訴える、説得する方法が一番の手段である。
しかし下手に刺激すると返って頑なになる可能性がある。

特に自分が出てしまうと、「家族のことに首を突っ込むな」って逆効果になりかねない。

さらに、良心に訴える方法が効かない可能性もある。
そういう場合は、現実を思い知らせ、親父さんの心を折る必要がある。

これら2つの事を、長介に担当させる。

自分のプランで長介の存在は、やよい問題において必須なピースなのである。

そのため彼を引き込んだのだ。
ただし、決めるのはやよいと長介である。

だが、伊織に調教された長介ならやよいの意図を汲みつつ、親父さんを説得するに違いない。
(万が一の選択された場合も備え、長介には芸能界のイロハは叩き込んでおく必要はある)

長介からのスパイ情報により、親父さんの怪しい動きは察知できると考えて良いだろう。

具体的にどうするのか、これは結構考えた。

口で説明しても恐らく理解してもらえない。
ならば身を以て、自分には無理だという現実を突きつける必要がある。

かと言って、TVやラジオの現場に素人を連れて行くわけには行かない。尊大な態度でも取られた日には目も当てられない。
それよりもっとハードな現場に叩き込むしか無いと考えた。

結果、ライブのスタッフとしてアルバイトに来てもらうのが一番であると思考に至った。

華やかなステージとは違って、裏方はドタバタしていて、秒での進行が必要になる。
もちろん長介にはもっと前からスタッフとして働いてもらう。とは言え子供なので肉体労働系には向かないので、担当アイドルの付き人役である。
舞台から戻ったアイドルに、タオルや水、扇風機をあてがい、次の出演のスケジュールを伝える。
これならは事務所のスタッフ枠で采配可能。

全体の進捗は自分が見ることになるため、自分は走り回る事になる。

2時間のステージを作るために、ステージを組み、照明や音響のチェックを行い、ゲネに挑み、ようやく本番である。

本番が終われば撤収作業が待っている。

実際こんなプロの作業現場にど素人のアルバイトが参加するのはほとんど不可である。

しかし、ライブでどれだけの人がアイドルを輝かせるために汗水垂らし頑張っているのか見せ、また観客に対し、アイドルが、やよいが向き合っているのか親父さんには見せなければならない。

もっとも技術がなくてもできる仕事というのはどこにでもあるわけで、例えばステージ最前列の整備員や、トロッコ運搬など。
そしてそれだけの大勢の人を指示している自分の姿も見せる必要があるのだ。
自分の考えがどれだけ甘いのか、その身に叩き込むために。

長介をスパイに仕立て上げたのも、このための下準備である。

簡単にライブを見せると言ったが、実際そんな簡単にはライブは開けないからだ。
会場を抑え、告知を行い、セトリ組みを行い、アイドル達にもそれなりのレッスン時間を取る必要がある。物販も決めなきゃいけない。

セトリは前もって組んでおくことはできるだろうが、前準備だけで数ヶ月はかかる。
(無印はゲームだからここら辺は端折られ、1週間でできてしまうけど)

コレをタイミングよく打ち込むには綿密な情報収集が必要になるためだ。
コレで親父殿との対峙を待つだけになった。

無論、そんな事態に陥らないことが一番ではあるが、長介がライブスタッフとして働いてくれるのは、実際助かる。決して無駄にはならない。

コレで一旦やよい問題は解決した。




しかし長介からの情報を得たとしても、タイミング良くライブを開けないという懸念は常にあった。
だが、ここでもミリシタの存在が自分を助けてくれた。

常設の公演場所があるため、会場を抑える手間が無くなる。(どうやら毎週では無いようであるが)定期的に公演を行っている。
その公演を使えば適切なタイミングで親父殿との対峙を迎えられるのである。

765プロ劇場の存在により、自分の中でやよい問題は全て完結した!

------------------------
GM脳ってのは時に自分自身を苦しめるものである。

本来はごく少ない情報から、プレイヤーを苦しめ、その解決方法をニマニマしながら見るためのものである。(もちろんGMなりの解決方法は考えておくが、プレイヤーってのはその考えより逸脱した行動を取るから面白いんだよね)

しかし今回は自分自身を苦しめている。

一旦解決したはずのやよい問題であるが、
「やよいのお父さんが正社員になりました」
というガミPの発言が、まさか水差ししてくるとは思わなかった。


劇場の登場によりやよい問題は解決したと、埼玉のおっさん達に報告した時、
「いっそ劇場で親父さんを雇ってしまえば?」
と言われたが、それは速攻で否定した。

必要以上に相手に情報とノウハウを与えれは、独立だって言い始める危険性が増すためだ。

ノウハウを伝えるのは伊織に調教された長介だからこそ許される特権であり、スパイという汚れ役に対する報酬である。

敵にわざわざ塩を送る必要はない。

が、つい先日(9月30日)、この記事の構成を考えていた時である。


もし、親父さんの就職先が芸能事務所だったら
いや、事務所でなくてもライブ等を仕切る関連企業だったら
そしてそこが961の関連会社だったら


と、トンデモ無い思考が駆け巡った。

おいおい公式さんよ、やよい問題にスポット当てる気かいな!
アイマス2でもその問題に触れなかったのに、いきなり触れてくるか?


公式は公式なりに答えをしっかり出してくるだろう。
なので実際問題として影響はないはずだ。

だけど、下手なシナリオだと、やよい問題そのものを認知していないPたちから相当叩かれるぞって、ちょっとばかり心配になったしへんであった。

(2やOFAもシナリオ面は相当叩かれていたから、公式はそのくらい免疫をもっているだろうが、P側に免疫が無いんだよな)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 詩 雑言つづり all rights reserved.Powered by FC2ブログ